鳥海で滑りながら「フォーッ!」って叫びたいあほテレマです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやく初滑り
いやぁ~、今年の降り方は尋常じゃないねぇ・・

毎日毎日、天気予報の大雪情報聞かされてると、何だか今はもう2月くらいじゃないかって錯覚を起こしちゃいそう。

ま、どうせ今年はまだまだ沢山降るだろうし、年明けてから行こっかな~と思ってたんだけど、ふとこんな情報を目にした。

「1シーズンに降る量はだいたい決まっており、よって、この後は少なくなるだろう」

うーん・・確かに今年は今日までで例年の降雪量の半分以上は降ってんだろうなあ。とすると、1・2月は例年の半分以下になるってことか?

何だか不安になってきたんで、おもむろにガンガン降ってる谷川温泉ホワイトバレーにこっそり行って来やした。(降り過ぎていて写真撮れなかった・・)

このスキー場、過去に一緒に行った方々から「リフト券高ぇ~よ!」「重パウ過ぎ!」「いいフラットバーンが無い!」とか、数々の厳しい御意見を拝聴してるけど、なんのなんの、そのお陰で人があまり寄り付かず、激降りの日にゃぁノートラックが20、30本と頂けちゃうワケだから、俺としてはバンバンザイ!

しかも重く深いパウダーをここで滑りまくっていると、なかなか抜けてこない内足のさばき方が格段に上達した。あと抜重に加えて上半身の伸縮を大きく使い板をかなり雪面から飛び上がらせた「減速させない」立体的な滑り方が出来るようになった。こいつを「バタフライターン」とでも名づけようか!?
この技術のお陰か、重パウこんなに滑った後の腿の筋肉痛があまり気にならない。重い雪の中で浮いてこない板の切り替え動作をしようとすると、2、3ターンで腿がパンプしたりつったりしやすかった。

あと、今日はT2とロッシビッグバン(191・107-73-93)を使った。T1を使った時と比べて、むしろ内足に加重させやすかった気がする。やっぱり柔らかい分、足裏感覚が増して踏みやすくなるんだろうなあ。それに足首が柔らかいと板が浮いて来やすい。ずっとウォークモードで滑っていたのも浮きやすさを補っていたのかも。

今流行りのスーパーファットをT2でも履いてみたいと思った。

今日はテレマーカー俺一人だったけど、密かに通ってるテレマけっこういるんだろうなあ。スワローテイル履いたロコボーダーやノートラック専門のボーダー達が多かった。でも今日はボードでチョッカッていてもかなり減速してたみたい。口々に「深すぎ!」と叫んでた。

あと、ここのラーメン屋の「味噌ラーメン」はマジで美味かった!番犬のバロン君が店頭で行き交う人を嬉しそうに眺めていた。

今シーズン、皆さんもケガの無いようにね(ぎっくり腰は仕方ないか^^;)でもアグレッシブに滑ろうぜ~!



スポンサーサイト

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

ゼンザブロニカよ永遠に
bronica.jpg

1998年にレンズメーカータムロンに吸収合併されていた国産中判カメラメーカー・ゼンザブロニカが、ついにその歴史の幕を閉じる事になったって・・

最近は35mmカメラで銀塩フィルムから撤退するメーカーが相次いでいたから、いつかは中判にもこの波が押し寄せてくるとは思っていたけれど、メーカーそのものが消えてしまうとは思ってもいなかった。やがてデジタルの領域に進出していくんじゃないかと・・
でも多くのメーカーがデジカメに主力を移していったのとは異なり、ゼンザブロニカは純粋な中判カメラのみのメーカーとして在りつづけ、そのクラフトマンシップをはっきりと表現してきた。頑固で、稀有な存在だった。

ゼンザブロニカの誕生は昭和34年。デビューモデルの発表はアメリカのフィラデルフィアだったというから、世界に向けて羽ばたく思いだったろう。ネーミングは、創業者・吉野善三郎+ブローニー+カメラ うーん・・この名前!まさに国産中判カメラを作る為にこの世に生まれてきた方だったんだなあ!

俺の持っているこのSQ-A(6×6)は、今から12年前のまだ学生時代に食費削って貯めたバイト代で買った中古品。当時、新宿紀伊国屋で立ち見した白旗史朗の山岳写真の美しさにびっくりして、大判・中判カメラの本当の凄さを見た思いだった。
初めて撮った写真は住んでたアパートの向かいにあった蕎麦屋「増田屋」だったなあ何故か。露出が全然足りてなくて仕上がってきたフィルムが真っ暗になってた。だからまた節約してオプションの露出計を中古で手に入れ、何とかまともな写真が撮れるようになった。

最近はデジカメ使う機会も多くなったけど、被写体に完全に没頭するような感覚が得られるのが中判の大きな魅力で、決してデジカメでは得られない。

大きなファインダーを何度も覗き込んで、光線の強さと向きを慎重に判断して構図と露出をここぞと決め、ミラーアップレバーを倒し、祈るようにレリーズを押す。デジカメ写真のように画像処理で誤魔化すことは出来ない。良くも悪くもその時の実力がそのまま未来に残される。
こうした一連の動きの中で段々と集中力が高まっていき、異次元の世界に入り込んでいくプロセスは、テレマークで最高のパウダーを滑る時の時間感覚に似ている気がする。

それに思い入れのある写真はスライドフィルムに残してルーペで覗き込み、時には大写しにして撮ったその時の記憶を呼び覚ますのが何より楽しい。

荷物が重くてもコイツをザックに入れてどこでも確実に滑り、やがて三浦敬三氏のような素晴らしい山岳スキーの写真を撮れるようになりたいもんだ。その為にはまだまだ技術と腰の鍛錬が必要だな俺には。




テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

シールの未来は・・
俺の持ってるシール糊面、汚れがかなり溜まっちゃったんだよね。
よく見てみると、虫の死骸までくっついてるし・・
よーし、今シーズン前に綺麗にしてやっか!って訳で
太いのと細いの2本一気に、グルーリニューしました。

新聞紙の上にシールを置いて
グルーリムーバ(半田こてみたいなやつ)で汚れたグルーをこそげ取って行く。
以前はグルーの上に新聞紙を当てた上からアイロンを当てて、染み込ませて取ってたけど
リムーバを使うと、10倍は早く、楽に取れる。

細い方はモンタナ製だけど、少々張付きの弱さを感じていたんで
張付力抜群のアッセンションのグルーを塗ることにする。
この「ゴールドラベルシール」の缶の蓋には刷毛が付いてるんだけど
糊の粘度がけっこうあるから、なかなか均一にムラ無く塗るのがムズい。
それに経験上、厚く塗ってしまったトコはスキーの滑走面にグルーが残ってしまい
恐怖の顔面制動が待ち受けてる^^;

だから市販の溶剤を少し混ぜて、むら無く楽に塗れる程度に粘度調節した。

吊るし上げられるシールの面々

seal1.jpg


シールも、いつの日かグルーを使わないシステムが出来れば楽なのになあ。
バンド式シールも持ってるけど、滑走面との間に雪が詰まるわ、トラバースん時ゃズレるわ、欠点たくさんあるからなあ~
グルー式はといえば、特に吹雪いた日にゃあ取付時に雪がどっさり接着面に着いちゃうわ、強風にたなびいて接着面同士がくっ付いちゃうわ、寒いと剥がれるわ、大変だもんね~

そうだ!スキー板とシール基布の中に、超強力磁石を埋め込んでやれば
今までの欠点が一気に解決されるんじゃないか・・!
超伝導とかの最先端?技術を応用してやれば、それこそ取付けが
瞬きの間に出来る日がくるんじゃないだろか・・

なぁ~んて、いつもの想像を膨らませる、俺でした。

革命的な方法、他にないかな~?


テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

今年も
poster.jpg

日本テレマークスキー教会、もとい協会のポスターが送られてきた。
今年の写真は上原あずささん。滝川奥様もこのかっちょいい滑り目指してがんばっちくり。

詳細を見て知ったんだけど、あのロストアロー林学さんが今年デナリ(マッキンレー)にテレマークで遠征に行ったんだね~!すげー!!
そのスライドショーが11月14日(月)にモンベル渋谷店であるとの事。
うーん、凄い写真が撮れたんだろうなあ・・

このスライドショーに興味あるテレマ(以外でも)はぜひ、足を運んでみては?
ちなみに会員無料、一般¥800だそうです。
問い合わせはTAJ事務局へ。

林さんとは今までに3、4回ほど一緒に滑る機会があったけど、無駄のない美しい滑りをいつも憧れの眼で眺めていました。
ここ最近スクールに行ってないので、どうも俺の滑りは我流にとどまってて壁を感じてるから、改めてレクチャーして頂こうかな~などと考えてるところ。

ひーるふりーさん、滝川さん、たまにはスクール行ってみる?






テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

安上がりなチューンナップ
チューンナップって、ショップに出すと高いよね~
一回最低5000円位は取られるし、それなりの期間もかかるし。
それに、アルペンよりもテレはソールやエッジが痛みやすい。
まあ俺の乗り方が悪いせいもあるけど・・
だから傷があまり付いてない旧型のテレ板が立てかけてあったりすると
「すごいなぁ~・・この板乗ってる人そーとーの足前なんだろなあ」
って思ったりする。

あと、何といっても板が傷むのは春だ。
あの小石のたっくさん浮いた雪なんか滑った日にゃあ
「ガリガリガリー!!」って板が泣き叫ぶ。
「あああ~ゴメンナチャイゆるして~・・」と、ただ慰めの言葉をかけるしかないよこんな時って。

そんなこんなで、シーズン中まともなコンディションを保たそうとすると、おのずと自分である程度のチューンナップが出来ないと話にならない。

でも、テーブルとかバイスも、専用のものを揃えると、これまたスキーワンセット買えちゃうくらいのバカ高だから、俺はスキーの固定ベースをテキトーに自作して間に合わせてる。

こんな感じにね
tuneup.jpg


ツーバイフォー用の木材一本
+ネジ+ゴム板+クランプ4枚=¥2000
自作する楽しみ=priseress


こいつを直接床に置いて使うか(腰にはあんまり良くないな・・)、空いてるテーブルにクランプ止めしてやれば、必要にして十分。

今年は、初めて俺が買ったBDのポーラスターもチューンナップしてあげて、乗ってあげようっと。

みんなも古い板、大事にね~

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。