鳥海で滑りながら「フォーッ!」って叫びたいあほテレマです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゼンザブロニカよ永遠に
bronica.jpg

1998年にレンズメーカータムロンに吸収合併されていた国産中判カメラメーカー・ゼンザブロニカが、ついにその歴史の幕を閉じる事になったって・・

最近は35mmカメラで銀塩フィルムから撤退するメーカーが相次いでいたから、いつかは中判にもこの波が押し寄せてくるとは思っていたけれど、メーカーそのものが消えてしまうとは思ってもいなかった。やがてデジタルの領域に進出していくんじゃないかと・・
でも多くのメーカーがデジカメに主力を移していったのとは異なり、ゼンザブロニカは純粋な中判カメラのみのメーカーとして在りつづけ、そのクラフトマンシップをはっきりと表現してきた。頑固で、稀有な存在だった。

ゼンザブロニカの誕生は昭和34年。デビューモデルの発表はアメリカのフィラデルフィアだったというから、世界に向けて羽ばたく思いだったろう。ネーミングは、創業者・吉野善三郎+ブローニー+カメラ うーん・・この名前!まさに国産中判カメラを作る為にこの世に生まれてきた方だったんだなあ!

俺の持っているこのSQ-A(6×6)は、今から12年前のまだ学生時代に食費削って貯めたバイト代で買った中古品。当時、新宿紀伊国屋で立ち見した白旗史朗の山岳写真の美しさにびっくりして、大判・中判カメラの本当の凄さを見た思いだった。
初めて撮った写真は住んでたアパートの向かいにあった蕎麦屋「増田屋」だったなあ何故か。露出が全然足りてなくて仕上がってきたフィルムが真っ暗になってた。だからまた節約してオプションの露出計を中古で手に入れ、何とかまともな写真が撮れるようになった。

最近はデジカメ使う機会も多くなったけど、被写体に完全に没頭するような感覚が得られるのが中判の大きな魅力で、決してデジカメでは得られない。

大きなファインダーを何度も覗き込んで、光線の強さと向きを慎重に判断して構図と露出をここぞと決め、ミラーアップレバーを倒し、祈るようにレリーズを押す。デジカメ写真のように画像処理で誤魔化すことは出来ない。良くも悪くもその時の実力がそのまま未来に残される。
こうした一連の動きの中で段々と集中力が高まっていき、異次元の世界に入り込んでいくプロセスは、テレマークで最高のパウダーを滑る時の時間感覚に似ている気がする。

それに思い入れのある写真はスライドフィルムに残してルーペで覗き込み、時には大写しにして撮ったその時の記憶を呼び覚ますのが何より楽しい。

荷物が重くてもコイツをザックに入れてどこでも確実に滑り、やがて三浦敬三氏のような素晴らしい山岳スキーの写真を撮れるようになりたいもんだ。その為にはまだまだ技術と腰の鍛錬が必要だな俺には。




スポンサーサイト

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

シールの未来は・・
俺の持ってるシール糊面、汚れがかなり溜まっちゃったんだよね。
よく見てみると、虫の死骸までくっついてるし・・
よーし、今シーズン前に綺麗にしてやっか!って訳で
太いのと細いの2本一気に、グルーリニューしました。

新聞紙の上にシールを置いて
グルーリムーバ(半田こてみたいなやつ)で汚れたグルーをこそげ取って行く。
以前はグルーの上に新聞紙を当てた上からアイロンを当てて、染み込ませて取ってたけど
リムーバを使うと、10倍は早く、楽に取れる。

細い方はモンタナ製だけど、少々張付きの弱さを感じていたんで
張付力抜群のアッセンションのグルーを塗ることにする。
この「ゴールドラベルシール」の缶の蓋には刷毛が付いてるんだけど
糊の粘度がけっこうあるから、なかなか均一にムラ無く塗るのがムズい。
それに経験上、厚く塗ってしまったトコはスキーの滑走面にグルーが残ってしまい
恐怖の顔面制動が待ち受けてる^^;

だから市販の溶剤を少し混ぜて、むら無く楽に塗れる程度に粘度調節した。

吊るし上げられるシールの面々

seal1.jpg


シールも、いつの日かグルーを使わないシステムが出来れば楽なのになあ。
バンド式シールも持ってるけど、滑走面との間に雪が詰まるわ、トラバースん時ゃズレるわ、欠点たくさんあるからなあ~
グルー式はといえば、特に吹雪いた日にゃあ取付時に雪がどっさり接着面に着いちゃうわ、強風にたなびいて接着面同士がくっ付いちゃうわ、寒いと剥がれるわ、大変だもんね~

そうだ!スキー板とシール基布の中に、超強力磁石を埋め込んでやれば
今までの欠点が一気に解決されるんじゃないか・・!
超伝導とかの最先端?技術を応用してやれば、それこそ取付けが
瞬きの間に出来る日がくるんじゃないだろか・・

なぁ~んて、いつもの想像を膨らませる、俺でした。

革命的な方法、他にないかな~?


テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

安上がりなチューンナップ
チューンナップって、ショップに出すと高いよね~
一回最低5000円位は取られるし、それなりの期間もかかるし。
それに、アルペンよりもテレはソールやエッジが痛みやすい。
まあ俺の乗り方が悪いせいもあるけど・・
だから傷があまり付いてない旧型のテレ板が立てかけてあったりすると
「すごいなぁ~・・この板乗ってる人そーとーの足前なんだろなあ」
って思ったりする。

あと、何といっても板が傷むのは春だ。
あの小石のたっくさん浮いた雪なんか滑った日にゃあ
「ガリガリガリー!!」って板が泣き叫ぶ。
「あああ~ゴメンナチャイゆるして~・・」と、ただ慰めの言葉をかけるしかないよこんな時って。

そんなこんなで、シーズン中まともなコンディションを保たそうとすると、おのずと自分である程度のチューンナップが出来ないと話にならない。

でも、テーブルとかバイスも、専用のものを揃えると、これまたスキーワンセット買えちゃうくらいのバカ高だから、俺はスキーの固定ベースをテキトーに自作して間に合わせてる。

こんな感じにね
tuneup.jpg


ツーバイフォー用の木材一本
+ネジ+ゴム板+クランプ4枚=¥2000
自作する楽しみ=priseress


こいつを直接床に置いて使うか(腰にはあんまり良くないな・・)、空いてるテーブルにクランプ止めしてやれば、必要にして十分。

今年は、初めて俺が買ったBDのポーラスターもチューンナップしてあげて、乗ってあげようっと。

みんなも古い板、大事にね~

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

「滑り派」の道具って?
テレマークの世界って、最近は

プラ靴+幅広板=「滑り派」

革靴+細板=「歩き派」

っていう構図が、何となくできちゃってるね~

でも、ここ数年でしみじみと思う事は

んなこたァねーぞ・・
むしろ革+細板=「足裏感覚滑り派」だなあ!


ここで、おれの持ち板のお出ましですだ。

manba.jpg

こいつ、テレ用じゃなくって、何年か前のモーグル用の板(85-62-72)なんだけど
かなーり惚れちゃってます^^
そう、あれは愛用のBDの細板がバキッと逝っちゃった数年前
「次の細板なんかいいのないかなぁ~」
って思いながら、いもやの天ぷら臭を漂わせつつ、通りがかったスキー屋にふらっと(またかよ)入ったら、目の前に立ててあったこいつが

「オラにまかしとけよ!あんちゃん!」

みたいな感じに、ふんぞり返っていたんで
「コイツ~やってやろうじゃねえのっ!オラッ、オラッ」
ってガシガシ曲げてやったら、何だこのしなやかさは!
ちょっと考えてみりゃ、あの深いコブコブに突っ込んで行くんだから、ああそうかあ~って思考停止に陥りそうだったけど、その時、ふとひらめいた。

「こいつでパウダーって、面白いんでないの・・?」

んなわけで、本来の理想とは違う「板生」を歩む事となりましたK2マンバ君。
もちろん革靴で滑るんだからと、それまで暖めていた工夫を幾つか取り入れた。

まず、革靴ユーザーならおなじみのボレーウェッジ
wedge.jpg
俺のエクスプレッソの前コバ、最近ヤバいんでコレは必須。
加えて、つま先が少し上がってると、拇指球と小指球の踏み込みが良くなって足裏感覚も格段に良くなる。

プレートは、何気なくフツーのを付けてる感じだけど・・
plate.jpg
ロッテのカーブ20 ホントはこんなに厚み要らないんだけどね~
これには、それなりの深~い理由があるんだよん
板幅よりも、プレートのプラットフォーム幅が広いのがミソ
sole.jpg
踏んだ時には、革靴はプラと違ってどうしてもソール前半分が沈み込む。
しかもエッジングした時にねじれるから、写真下みたいに拇指球や小指球部がプレートのプラットフォーム部に「強く」当たる事になる。
だから、なるべく幅広いプラットフォームを持つカーブ20を選んで、少しでも足裏感覚を良くしようという訳ですハイ。
さてさてその試行錯誤の結果は・・

か、革靴でパウダーが、こんなに気持ちイイなんて~・・

やっぱテレマークは想像力の世界だな~って、この板乗って思う。

さて、次はどんな板を探し出してやろうか。


テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

下りはよいよい。登りは・・
エクスプレッソ君延命作戦パート2
しっかし、考えてみれば「運命」ってやつは容赦無いもんだ・・
もうちょっと穏やかな滑りをする主人に恵まれていたとしたら、このエクスプレッソ君もこんな憂き「クツ生」を歩む事は無かったろうに・・

でもクツ生に「~としたら」は存在しない~♪
(BGMはベートーベン)

気を取り直して、本題に入ろう。

実は、俺の足とエクスプレッソ君は、あんまり相性がいいとは言えない・・
そう、恐らく多くのテレマが抱えているであろう
カカトの収まりが、甘いのだ。
ゲレンデで滑ってるだけの時は、平気なんだけど
山に行くと、登りでだんだんカカトが熱くなってくる・・
そして、気持ちいい斜面を見下ろす頃になると
とんでもなくデカイ靴擦れの、ハイッ!いっちょうあがりぃ!ってわけだ。
そんな時は、滑っていると思わず、こう叫びそうになる・・

うおー気持ちいい~て~痛ェ~!

イカンイカン、これじゃ、Mだとカン違いされてしまう。

それに革は使ってると「伸びる」が、使いすぎると「伸びすぎる」
後者のいい例が、俺のエクスプレッソ君だ。
最初は靴下を厚くして滑っていたけど、中で足がズレるし、何よりも俺の目指す

「足裏感覚向上!」にそぐわないやり方だと、ハッと気付いた。

そう、出来れば俺は、裸足で足を入れたい位なんだ!
でもね、それは無理。だって

臭ェ~~!

ってなっちゃうもの・・

そしていつものように「なーんかいい手ないかなぁ~」と神田をウロウロしていて、ふと入ったスキー屋の足元に、「解決」が転がっていた。

SANY0004.jpg

4ミリ厚のウレタンフォームに強力両面テープが着いている、約30センチ角大の切り出しシートだ。嬉しい事に専用型紙まで付いていた。こいつをハサミで切って、位置を確認して慎重に内側に貼り付けていくと写真の様になる。

結果はというとカンドーして涙ちょちょぎれ!
急斜面をシールで長時間直登しても、それまでの苦労がウソのように、カカトは平穏だった・・
お陰で、俺のカカトはいっつも、つるつるすべすべ。赤ちゃん肌

これで、思いっきり
気持ちいい雄叫びを山にこだまさせることが出来るって訳ですわ!













テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。