鳥海で滑りながら「フォーッ!」って叫びたいあほテレマです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「滑り派」の道具って?
テレマークの世界って、最近は

プラ靴+幅広板=「滑り派」

革靴+細板=「歩き派」

っていう構図が、何となくできちゃってるね~

でも、ここ数年でしみじみと思う事は

んなこたァねーぞ・・
むしろ革+細板=「足裏感覚滑り派」だなあ!


ここで、おれの持ち板のお出ましですだ。

manba.jpg

こいつ、テレ用じゃなくって、何年か前のモーグル用の板(85-62-72)なんだけど
かなーり惚れちゃってます^^
そう、あれは愛用のBDの細板がバキッと逝っちゃった数年前
「次の細板なんかいいのないかなぁ~」
って思いながら、いもやの天ぷら臭を漂わせつつ、通りがかったスキー屋にふらっと(またかよ)入ったら、目の前に立ててあったこいつが

「オラにまかしとけよ!あんちゃん!」

みたいな感じに、ふんぞり返っていたんで
「コイツ~やってやろうじゃねえのっ!オラッ、オラッ」
ってガシガシ曲げてやったら、何だこのしなやかさは!
ちょっと考えてみりゃ、あの深いコブコブに突っ込んで行くんだから、ああそうかあ~って思考停止に陥りそうだったけど、その時、ふとひらめいた。

「こいつでパウダーって、面白いんでないの・・?」

んなわけで、本来の理想とは違う「板生」を歩む事となりましたK2マンバ君。
もちろん革靴で滑るんだからと、それまで暖めていた工夫を幾つか取り入れた。

まず、革靴ユーザーならおなじみのボレーウェッジ
wedge.jpg
俺のエクスプレッソの前コバ、最近ヤバいんでコレは必須。
加えて、つま先が少し上がってると、拇指球と小指球の踏み込みが良くなって足裏感覚も格段に良くなる。

プレートは、何気なくフツーのを付けてる感じだけど・・
plate.jpg
ロッテのカーブ20 ホントはこんなに厚み要らないんだけどね~
これには、それなりの深~い理由があるんだよん
板幅よりも、プレートのプラットフォーム幅が広いのがミソ
sole.jpg
踏んだ時には、革靴はプラと違ってどうしてもソール前半分が沈み込む。
しかもエッジングした時にねじれるから、写真下みたいに拇指球や小指球部がプレートのプラットフォーム部に「強く」当たる事になる。
だから、なるべく幅広いプラットフォームを持つカーブ20を選んで、少しでも足裏感覚を良くしようという訳ですハイ。
さてさてその試行錯誤の結果は・・

か、革靴でパウダーが、こんなに気持ちイイなんて~・・

やっぱテレマークは想像力の世界だな~って、この板乗って思う。

さて、次はどんな板を探し出してやろうか。


スポンサーサイト

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。