鳥海で滑りながら「フォーッ!」って叫びたいあほテレマです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シールの未来は・・
俺の持ってるシール糊面、汚れがかなり溜まっちゃったんだよね。
よく見てみると、虫の死骸までくっついてるし・・
よーし、今シーズン前に綺麗にしてやっか!って訳で
太いのと細いの2本一気に、グルーリニューしました。

新聞紙の上にシールを置いて
グルーリムーバ(半田こてみたいなやつ)で汚れたグルーをこそげ取って行く。
以前はグルーの上に新聞紙を当てた上からアイロンを当てて、染み込ませて取ってたけど
リムーバを使うと、10倍は早く、楽に取れる。

細い方はモンタナ製だけど、少々張付きの弱さを感じていたんで
張付力抜群のアッセンションのグルーを塗ることにする。
この「ゴールドラベルシール」の缶の蓋には刷毛が付いてるんだけど
糊の粘度がけっこうあるから、なかなか均一にムラ無く塗るのがムズい。
それに経験上、厚く塗ってしまったトコはスキーの滑走面にグルーが残ってしまい
恐怖の顔面制動が待ち受けてる^^;

だから市販の溶剤を少し混ぜて、むら無く楽に塗れる程度に粘度調節した。

吊るし上げられるシールの面々

seal1.jpg


シールも、いつの日かグルーを使わないシステムが出来れば楽なのになあ。
バンド式シールも持ってるけど、滑走面との間に雪が詰まるわ、トラバースん時ゃズレるわ、欠点たくさんあるからなあ~
グルー式はといえば、特に吹雪いた日にゃあ取付時に雪がどっさり接着面に着いちゃうわ、強風にたなびいて接着面同士がくっ付いちゃうわ、寒いと剥がれるわ、大変だもんね~

そうだ!スキー板とシール基布の中に、超強力磁石を埋め込んでやれば
今までの欠点が一気に解決されるんじゃないか・・!
超伝導とかの最先端?技術を応用してやれば、それこそ取付けが
瞬きの間に出来る日がくるんじゃないだろか・・

なぁ~んて、いつもの想像を膨らませる、俺でした。

革命的な方法、他にないかな~?


スポンサーサイト

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
正月どうすんの
早く腰を治せ、
2005/11/11(金) 00:58:02 | URL | 甚二郎 #-[ 編集]
おばんです
だんだん寒くなてきたの~ 鳥海山しろーいよー 木枯らしぴゅーぴゅーだ最近は・・・。 グルーは今年買ってみようかなあ 庄内でテレマークスクールあるんだろうか?調べないといけませんね・・・。 
2005/11/13(日) 00:30:44 | URL | mago #-[ 編集]
お久し
 マニアックな内容になってきましたね、
委員長!シールの事は良く分からないけど
、アリコのブ-ツとポーラスターは今年復活させたくなりましたよ(板が折れないかな?)。
2005/11/21(月) 22:34:24 | URL | koji #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。